2011年 02月 03日 ( 1 )

節分

2月3日は節分です。
今日は立春を前にとても暖かい陽気になり3月下旬の気温だそうです。
我が家は結局恵方巻きはスーパーで買って来ました。
夫が半分だけ丸かじりに挑戦しましたが残りは切って食べました(笑)
母も私も最初から切って食べました。(こんなことをしてしまい
どうぞ縁が切れませんようにお願い致します。。。)
心の中で祈りながら包丁を入れました^^;
母は特に飲み込む力が弱っているので小さく切りました。
他にはポテトサラダ・塩茹でのグリーンアスパラ・お味噌汁などの夕食でした。

d0145759_22553261.jpg


d0145759_22555967.jpg

↑ なぜかきれいな切り口じゃなくて端っこの方を写真に撮ってしまいました(>_<)
d0145759_22574498.jpg


d0145759_2258368.jpg

↑ 即席漬け(白菜・人参・塩コンブ・頂き物の唐辛子) 
  今は昆布の茶色い汁が出ています。

節分について母のデイサービスの看護師さんがいろいろ調べて
まとめてレポートにしたものを「読んで下さい」とデイサービスに通っている人たちに
渡してくれました。
とても良く勉強されて 私も読ませてもらいました。
省略して載せておきますがとても為になりました。

節分は立春・立夏・立秋・立冬の前日を指して季節の移り変わる時という意味が
あるが 今では特に立春の前日を指して節分というようになった。

豆まきは「追儺(ついな)」と呼び中国から伝わった風習で その行事は
俗に「鬼やらい」「鬼走り」「厄払い」「厄落とし」「厄神送り」と呼ばれ
疫病をもたらす悪い鬼を追い払うといわれている。

恵方巻きの中に入れるキュウリを青鬼、生姜やニンジンを赤鬼に見立てて節分に
鬼をやっつけるという意味がある。巻きずしにするのは福を巻きこむからで
丸かぶりするのは「縁を切らないため包丁を入れない」という意味がある。
今年の恵方は南南東。

その他各地の珍しい風習、節分に欠かせない食べ物や「福茶」の作り方などが
載っていました。
            美味しい福茶のレシピ・・・湯呑み1杯分
福豆 (3粒 香ばしく炒る)・塩コンブ又は昆布の佃煮 適量・種を取った梅干し 1個
熱湯 180cc(好みで緑茶でもOK)
福豆がふやけてきたころが飲みごろだそうです。

豆が3粒というのは「3」が吉数で1年間豆に働けるという意味もあり
豆を歳の数だけ食べられない時に重宝します。

皆様の無病息災をお祈りします。福は~~内! 鬼は~~外!!
[PR]
by yuriazami | 2011-02-03 23:21 | 行事 | Comments(24)